補給船業務

当社は、補給船業務はお客様から始まると考えています。お客様の施設で始まるか、供給者の施設で始まるかどうかに関係なく、お客様の貨物の出発点が当社のサプライチェーンマネジメントの開始点です。

ここから、補給船を通って、船積み前検査に進み、最終的に貨物を船舶に積載し、仕向港まで輸送します。

全体で最適な効率を維持するには、社内開発された専門ソフトウェアを使用して、船長とともにデッキ計画が作成されます。このカスタムソフトウェアでは、仮想積載が可能で、危険物の分離のために IMO 保護ゾーンを考慮することができます。これにより、実際の積載プロセス中に予期しない時間がかかる問題を最小化することができます。

到着貨物は、荷揚前に、漏れやその他の潜在的な危険のある状況が検査され、顧客の施設または業者に返却されます。補給船活動は、人間にとっても環境にとっても高い危険を伴います。

当社の従業員は専門家として、十分に訓練を受け、監督されています。また、すべての想定可能な緊急事態に対処するための管理システムが導入されています。さらに、当社の補給船は照明で照らされているため、最も暗い夜間であっても、日中の照明条件が使用されます。

ただし、これだけでは十分ではありません。ハードウェアも安全において重要な役割を担います。このため、設備を所有して管理することは当社の厳密なポリシーです。当社は日常保守および長期保守を監視し、定期的に適切なタイミングで設備を交換します。このため、当社のトラック、フォークリフト、クレーンは常に完璧な状態です。

エネルギーロジスティクスのグローバルリーダーとして、Peterson は、常に他社よりも上であることを目指しています。このため、お客様は当社の努力の利点を認識するようになりました。

  • 独自の保管施設またはサードパーティ供給者から供給される競争力のある価格の海洋ガス油 (MGO) が船によってすべての船舶に提供されます
  • すべての港湾での大量水供給
  • すべての業務エリアまたはお客様が選択した泥供給者の施設での乾燥および湿潤バルク供給
  • すべての船でのタンク清掃サービス、地域法に準拠した管理された廃棄物処理
  • 作業を手元で迅速かつ経済的な方法で完了するための知識および専門知識だけではなく、包括的な環境保護を保証するための手順および保護策を導入している補給船事業者とのパートナーシップ